最新の原状回復情報まとめ

原状回復の依頼と違約金

原状回復の依頼と違約金 賃貸物件を借りて退去をする際には借り主に対して原状回復義務が課せられます。
この義務を果たせなければ違約金が発生して敷金から原状回復に必要な費用が徴収されることになります。
賃貸物件を借りたら借りた時の状態にすることが借り主の義務であり、大家さんや不動産会社からはそのように依頼されるのが通常です。
借りたものはきちんと元通りにして返すことができないのであれば、違約金並びに追徴金が課せられることがあります。
きちんと元通りにすることが契約時において義務付けられているので、それに従わなければならないのです。
退去時に大家さんまたは不動産業者の方が原状回復ができているかどうか査定に訪れます。
その時に回復できていないのであれば敷金はほとんど返ってこないと考えても良いです。
最悪の場合にはさらにお金がかかるので、不動産物件を借りる際には余り自分で手を入れて改装しすぎないことを強くおすすめしたいところであるので注意したいところです。

退去時の違約金トラブルを回避するためにも原状回復について知っておこう

退去時の違約金トラブルを回避するためにも原状回復について知っておこう 昨今の賃貸物件退去時に起こる違約金トラブルが増えていることを受けて、国土交通省から原状回復の基本的な考え方のガイドラインが出ています。
退去時に不要な支払いを請求されるような事態にならない為には、新居に入る時がポイントとなるので、これから賃貸物件に引っ越しを考えているなら必ず目を落としておきましょう。
原状回復とは借主が借りた状態と同じレベルにまで戻すということではなく、通常の住まい方、使い方をしていて生じた汚れや傷みは貸主側の負担となり、それらの修理費用は毎月の家賃に含まれていると考えられています。
とは言え、通常の使用という表現ではあまりにも大まかで、人により通常の考え方はまちまちなので、ガイドラインでは具体的な例を挙げて貸主の負担か借主の負担かを明らかにしているので参考にしやすいです。
なお、新しい住まいに引っ越す前には管理会社や大家さんの立ち合いの下で、傷や汚れがないか否か確認をしておくことも忘れないようにしましょう。