最新の原状回復情報まとめ

賃貸住宅における退去時のトラブルで最も多いのが原状回復についてです。
賃借人は、退去する際には通常借りた当時の状況に戻さなければなりません。
しかし、日常生活の範囲内で生じた損傷や経年劣化についてまで負担をすることになれば賃借人の負担は膨大になるため、国土交通省はガイドラインを策定して通常の損耗分は賃貸人の負担であることを定めました。
従って、いくら賃貸人と賃借人の私的な契約と言えど、ガイドラインに反して過度に賃借人負担とするチェックリストは違法となる恐れがあります。

違法な原状回復チェックリスト

違法な原状回復チェックリスト 当サイトは、賃貸住宅における退去時のトラブルについて、みなさまに役立つ情報を多数掲載しております。
例えば、違法な原状回復のチェックリストの作成や、お風呂のカビの原状回復についてなど、皆様が日常生活の中で身近であり疑問な点を具体例を交えて説明しています。
退去修繕の負担区分は、既に国土交通省が原状回復のガイドラインを作成し賃貸人と賃借人のどちらが修繕費用を負担すべきかを事細かく事例化しています。
一言で言えば、日常生活の中で起こりうる損傷や経年劣化による損傷は家賃相当額に含まれるものとして賃貸人が負担すべき区分となっているのです。
逆に、賃借人の故意または過失による損傷は、賃借人に修繕義務が生じるのです。

今では原状回復も違法なものは無くなったのです

今では原状回復も違法なものは無くなったのです 賃貸に住んでいる人たちは良く知っているものですが、原状回復というものがあり、住んでいた賃貸の住居を退去するときには必ず向き合うことになります。
昔は原状回復の範囲とされるものが、今のようにはっきりと決まっていなかったので、貸している側の人は借りている側の人に、多大な負担まで強いることが多かったものです。
退去時に、とてつもないお金を要求されたなど問題が発生していたのです。
通常は、入居時に敷金として渡すお金があるために、畳や襖といったものの張り替えなどに当てがわれるのが一般的です。
しかし当時は、それ以外にも壁紙が日に当たって色が変わったという理由で、余分なお金を要求していた事例があります。
数万のお金ならまだしも、何十万ものお金を余分に要求されるとなると、怖くて賃貸にも入れなくなります。
今では、このような原状回復の範囲も法的に決まっていますので、違法な金額を要求されるということは出来なくなったのです。
特定の原状回復は、借主が義務としてとうぜん行いますが、長年の使用で自然に劣化したことに関しては、原状回復の対象外になるので、このようなことを良く知っておくのも必要なことです。
入居時に頂く書類をよく読んで、本人が納得して入ることも重要です。